マイコプラズマ肺炎は秋から冬に多い感染病?予防法と対策について

投稿者: | 2017年11月12日

秋も深まり段々寒くなってきました。

これからの季節に流行りだすのが、インフルエンザや色々な感染症です。

今回はその中でもマイコプラズマ肺炎について調べてみましょう。

スポンサーリンク
  

マイコプラズマ肺炎の症状とは?

マイコプラズマ肺炎の症状は風邪に似ていて

・ノドの痛み

・鼻水、鼻づまり

・37℃程度から39℃以上の発熱

・咳、痰のからむ咳

・呼吸困難

などがあります。

マイコプラズマ肺炎の治療法は?

病院に行くとマイコプラズマ肺炎に効く抗生剤があります。

子供にとっては苦い抗生剤であることが多いので、飲むのを嫌がるようでしたら

アイスクリームなどに混ぜたりして飲ますと良いでしょう。

マイコプラズマ肺炎の予防と対策は?

感染から発症までの潜伏期間は1~3週間ぐらいあります。

一度流行するとどんどん拡がってしまいます。

季節ではこれからの秋から冬に多い病気です。

痰や唾液、咳で人にうつる飛沫感染ですので、学校や会社など集団生活している環境で感染が拡がってしまいます。

流行している時期には人混みを避けて、十分な睡眠と栄養・うがい・手洗いをしましょう。

まとめ

これからの季節に流行の恐れがあるマイコプラズマ肺炎にかからないのが一番ですので、小さいお子さんのいるご家庭では

スポンサーリンク

あまり人混みは避けて、外出先から帰ってきたら手洗いうがいなど、しっかり予防をしましょう。

かかってしまった場合はすぐに病院で受診した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です