ノロウィルスの症状は?ノロウィルスの治療方法とその予防法とは?

投稿者: | 2017年11月15日

これからの季節、特に11月~1月に流行りだすノロウィルス、感染性胃腸炎について

流行りだす前に症状や治療方法、予防法について調べてみましょう。

スポンサーリンク
  

ノロウィルスの症状とは?

ノロウイルスは主にヒトの手指や食品などを介して感染し、

発熱

おう吐

下痢

腹痛

などの症状を引き起こします。
                                                                                                                                                    

ノロウィルスの治療方法は?

ノロウイルスの治療には、水分補給が重要です。

一般的には「安静にし、ウイルスの排出とともに症状が緩和されるのを待つ」ことです。

また、場合によっては症状がひどく、辛くてどうしようもない場合には、吐き気を抑える薬、胃腸を整える薬などを使用することもあります。

下痢による脱水症状が進んでいる、もしくは、飲んでも吐いてしまう場合には、点滴により水分を補うことが必要です。

こういった場合には、必ず医療機関を受診してください。

ノロウィルスの予防法は?

ノロウイルスの予防は何といっても手洗いが重要です。

手洗いは手指に付着しているノロウイルスを減らす最も有効な方法です。

帰宅時や調理を行う前、食事前、トイレの後に、流水と石鹸による手洗いを行いましょう。

手を洗った後に使用するタオルは清潔なものを使うようにしましょう。

スポンサーリンク

食事はなるべく火を通したものをいただきましょう。特に貝類(主に牡蠣、シジミ、アサリなどの二枚貝)はしっかり加熱した状態であれば

感染しませんが、お年寄りや子供、大人であっても体調の悪い人が、生や不十分な加熱状態で食べると、感染するリスクが高まりますので、

なるべく火を通したものにしましょう。。

まとめ

ノロウイルスには現在、ワクチンや治療薬は開発されていません。

このため治療では脱水症状の緩和などの対症療法しかありませんので、日頃からの予防と健康管理がとても大切です。

これからの季節は特に多く発生しますので、気を付けましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です