子育ての夜泣きの原因は?いつまで続いて乗り越え方や解決法を紹介

投稿者: | 2017年10月7日

小さなお子さんを持つお母さんの子育ての悩みの中でも夜泣きについて悩んでいる

お母さんは多いようです。

夜泣きの原因や対処法がわかると気持ちも少しは楽になり、子育てに励むことが

出来ると思います。

悩みの原因の夜泣きについて解決法を探してみましょう。

スポンサーリンク
  

子育ての夜泣きの原因は?

小さなお子さんの夜泣きの原因は、はっきりとは分かっておらず、時と場合によることや

個人差があるものです。考えられることは、不安だ、興奮して寝付けない、眠り方が

わからないといった不快症状のほかに、睡眠サイクルの乱れや刺激、ストレスなどが原因と

考えられています。

昼間に眠りすぎたり、逆にお昼寝をしなかったり、夜中に目を覚まして遊び始めたりと、

このように睡眠サイクルが乱れていると、いつまでたっても生活のリズムが整いません。

この生活リズムを整えることが夜泣きを軽減させる秘訣のようです。

子育ての夜泣きはいつまで?

夜泣きは「生後半年頃から1歳半ぐらいの赤ちゃんにみられる、夜間の理由のわからない泣き」の

ことを言うようです。

一般的には、生後8ヵ月頃から夜泣きに悩まされるママが多いようで、夜泣きのピークは生後

10ヵ月頃とも言われています。早い場合では、生後3ヵ月頃から夜泣きが始まる赤ちゃんもいます。

ピークとなる10ヵ月を過ぎた頃には徐々に落ち着き、1歳半頃にはおさまることが多いようですが、

遅い場合では2歳になっても夜泣きをする子もいるようです。

夜泣きの終わり方も子どもによって様々で、ある日突然夜泣きが終わったというお子さんや、

少しずつ寝る間隔が長くなったというお子さんもいます。

断乳した途端夜泣きが終わったというお子さんもいます。夜泣きが終わる前兆がなくても、

もしかすると夜泣きが終わる日は近いのかもしれません。

赤ちゃんが夜通し泣いている声を聞いていると、ずっとこの時間が続くのではないかと

心配になり、心も体も疲弊してしまいますが、どんな子どもでも夜泣きは必ず終わります。

子育ての夜泣きの解決法は?

夜泣きは成長にとって必要な要素で誰もが通る道だということを理解し、赤ちゃんやパパママに

あっている対策を見つましょう。特に日本では住宅間の距離が近いため、ご近所迷惑を考えて早く

泣き止ませようとする傾向がありますが、実はパパやママがゆったりと構えることが夜泣き解消の

解決法だったということもあります。気長に赤ちゃんに付き合ってあげる気持ちを持って、大変な

夜泣きを乗り越えましょう。

・赤ちゃんは寝言のひとつとして泣くこともあります。泣き始めたらすぐに抱き上げるのではなく、

 2~3分様子を見ましょう。しばらくすると、何事もなかったように再度眠りにつく場合もあります。

スポンサーリンク

・しばらく泣いているようなら、抱っこしてあげましょう。背中をトントンしながら、ゆっくり揺れ

 ながら優しく子守歌を歌ってあげると良いです。

・哺乳瓶や乳首をくわえると安心をしますので、一度ミルクや授乳をしてみるのも良いでしょう。

・リラックスする音楽を流したり、赤ちゃんが大好きな音を聞かせたりするもの良いでしょう。

 最近では、泣き止む音が入った無料アプリもあるので活用してみてください。

・ベランダに出て、夜風にあててあげてみましょう。気分が変わるかもしれません。抱っこ紐・ベビーカーで

 外をお散歩するのもいいですね。

・車がある人は、ドライブに行ってみるのもお薦めです。車の心地の良い揺れが睡眠を誘うこともあります。

・暑いや服の素材がチクチクするなどの不快感が原因かもしれません。裸にしたり着替えさせたりしてみましょう。

・生後6ヵ月くらいになると歯が生え始めるので、歯がかゆいのかもしれません。歯固めを与えたり、軽く歯ブラシで

 こすってあげたりしてみましょう。

・絵本の読み聞かせをしてみましょう。

・マッサージをするのも良いでしょう。(オイルやクリームを使うのも良いです)

・足元を温めるのも良いでしょう。

このような解決策がありますので、実践してみてください。

まとめ

お子さんの夜泣きの原因はそれぞれ個人差もありますが、夜泣きを軽減させるには、生活リズムを

整えてあげるなど、夜に快眠できるような環境づくりをしてあげることが大切です。

終わらない夜泣きはありませんので、お子さんにあった最善の方法を見つけて実践してみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です